[  He ] 桜蘭高校ホスト部 / 鳳鏡夜

 

 

 

 

 

l

l

l

l

l

l

l

l

 

 

放課後の静かな校内、後ろから聞こえてくる足音に鏡夜は振り返る。

 

そこにはいつものあの子が立っていた。

 

「またお前か。今日も一人で残っていたのか?」

 

 

そう言って、彼はうっすらと微笑んだ。

 

 

 

05/11/14 ・ CA3